芸能人から政治家まで!有名人と一口に言っても色々なタイプがある

有名人とはそもそもどういった人たちのことか

有名人というのは、非常に幅広い概念ではありますが、定義はいたってシンプルです。とにかく大勢の人に顔と名前が知られている人が、有名人と呼ばれることになります。有名人は、ぱっと考えてみても色々なタイプの人がいますよね。芸能人もそうですし、プロスポーツ選手もそうです。アマスポーツ選手でも、オリンピックで金メダルを取るようなレベルの人なら、非常に知名度は高くなります。政治家も有名人の一種には違いありません。頻繁に新聞やテレビで名前と顔が映し出されるので、下手な芸能人も裸足で逃げ出すほどに高い知名度を誇っている場合があります。普通に仕事をしている人でも、たとえば漫画家さんやイラストレーター、作家さんやカメラマンなどは有名人に入るケースがありますね。作品が売れに売れた場合などは、作者も一緒に有名になることが多いです。

有名人になると何かいいことがあるのか

ただ単に顔と名前が世間に知られたからといって、すぐに何かいいことがあるわけではありません。むしろ、面倒なことの方が多くなるケースは十分考えられますね。有名税と言ったりしますが、有名になることで色々と弊害が出て来ることがあるのです。街中で声をかけられて面倒なこともありますし、プラバシーがなくなることもあるでしょう。何か変な行動を取れば、それがすぐにネット上で拡散されてしまいます。有名だからこそ、問題を起こしたときには大きなバッシングの対象となってしまうのは御存知の通りです。ただ、もちろん良いこともたくさんあります。有名なので知り合いはどんどん増やしていけますし、色々なサービスを他人から受ける機会も増えます。単純に気持ちがいいという点もメリットでしょう。

山本英俊とは、パチンコ機器卸会社の代表取締役です。競走馬の馬主としても有名で、調教師や騎手とも関わりが深いです。