これからのお墓の管理について悩んでいるなら「墓じまい」を検討してみませんか?

なぜ「墓じまい」をするのか?

先祖のお墓がある場所から離れて暮らしていると、お盆やお彼岸、帰省した際に法要やお墓まいりをする方も多いのではないでしょうか?

自分が元気なうちはお墓まいりもできますが、歳をとってくると難しくなってしまうものです。子供がいれば託すことも考えられますが、お墓が遠方であれば負担をかけることになってしまいます。

お墓を守る人がいなくなるなどの理由でお墓の管理が困難になり、近年、お墓を撤去する「墓じまい」をする人が増加しています。

お墓は勝手に撤去するものではなく、墓地埋葬法などに規定された様々な手続きが必要になります。

改葬するには役場から「改葬許可証」を申請し発行してもらわなければいけません。「改葬許可証」を取得するには、「墓じまい」をするお墓の管理者から発行される「埋葬証明」や、遺骨を別のお墓に移す時は改葬先の管理者が発行する「受入証明」が必要です。

墓じまいをする前に確認しておきたいこと

「墓じまい」は先祖代々のお墓を撤去するわけですから、一家族だけで決めるのではなく関係する親族と充分に話し合うことが大切です。

お墓を撤去する際には石材店に依頼することになりますが、寺院や霊園などの墓地の管理者は、石材店などと提携している事も多いです。お墓の管理者には「墓じまい」について事前に相談し、今までお世話になった感謝の気持ちを伝えましょう。

「墓じまい」の後は、新しくお墓を購入して納骨する方法や寺院などに永代供養をお願いする、散骨や自然葬にするなどの供養する方法があります。自分達の入るお墓も考えなければいけません。

最近では「墓じまい」の代行業者も増えています。お墓が遠方で自分達だけで行うのが難しい時には相談してみるのも良いでしょう。

近年は、遠方に立地する墓地の維持管理が厳しくなるケースが増えていますが、毎年墓参が出来なくなる可能性がある場合は墓じまいを考えておく事が大切です。