用途たくさん!スチレンボードの豊富な使い道

スチレンボードの使い道

スチレンボードは、誰もが一度は見たことがあるものです。これがスチレンボードと意識してみたことは、おおよそないでしょうが日常におけるさまざまな部分で使用されているので、必要不可欠なものとも言えます。屋外での使用はあまりありませんが、屋内看板用の素材として使用されることが多いものです。簡易パネルや店内POPとして良く見かけるかもしれません。このほかにもプレゼンテーションボードとして使用したり、趣味の模型作りに活用する人もいます。また、建築模型を作成する際にも良く使用されています。

そもそもスチレンボードって?

スチレンボードとは、日常で良く使用されているものですが、そもそもなんなのかよくわからない人も多くいます。具体的にはポリスチレンフォームを看板にも使用できるように、ある程度の強度を持たせて板状に加工したものをいいます。身近な素材で言えば、きめ細かな発泡スチロールとも言えます。軽量で、かつ低コスト、加工性が高いことから汎用されています。その厚さは多様で、1ミリメートルの厚さから10ミリメートルの厚さまであります。また、種類も豊富にあり、製造メーカーも複数あるため、特色も豊富です。基本的には、片面糊付きと両面糊付き、両面紙貼り、素板との4種類です。

スチレンボードの加工

スチレンボードは、安価でかつ加工がしやすいため、誰であっても簡単に使用することができる素材です。糊のついたスチレンボードもあるので、そのことも加工がしやすい要因です。基本的には、切ることと貼ることがその加工です。切る場合には、おもにカッターと定規を使用して切断し、貼り付けではすべりの良い布を使用して、上からなでるように貼り付けます。

スチレンボードとは、発泡スチロールでできたボードのことです。POPとして使ったりポスターを貼ったりして使うことができます。