現代の工業技術を支えるCADとは設計支援技術である

コンピューターグラフィックを用いた設計支援技術

CADとはパソコンに専用ソフトをダウンロードして、その専用ソフトの中にあるコンピューターグラフィック内で製図作業するというものです。その使い方としては、パソコンにインストール後に専用の画面が出ます。専用の画面に入ると画面内にコマンドがあり、そのコマンド内で着色や線を引いたり文字を書くなどのキーワードが記載されています。それらの機能を使って作り出したい製品に必要な部品の映像を描きます。そして必要な部品の映像を作成したら、その必要な部品を一度組み立て完成見取り図を作ります。その後実際に世に出すために、その製品の大きさを決めるために寸法を算出して図面を作り出します。

CADが出来たことによって

現代の工業技術はCADが無くては成り立たないものが多いです。これまでの工業製品を作り出す際には人間の手で何も無い紙面から寸法を描き出して作成していたのです。ただ何も無い紙面から作り出す行為というのは熟練した経験値が必要です。さらに経験者であっても作成に時間がかかるのと、実際に紙面どおりにしても寸法が合わずに失敗するということも起きていたのです。これでは工業製品の大量生産には向かないです。そこでCADが役に立ちます。先に行ったとおりにCADとは設計図の支援システムのことです。これはパソコン内で作業することになるので、目に見える形で立体模型として完成図を目で見ながら作り出すことが出来ます。そして作り出した情報はパソコン内で記録が可能なので、その記録した情報を拡散できれば消失のリスクを減らせるだけでなく他との共有も可能です。

水道CADとは、水道管などの配管図面をコンピューターを使ってデザインするツールです。手書き設計に比べ作業の効率化が図れます。