墓じまいについて考える!もう墓じまいには迷わない!

墓じまいとはどういう意味

墓じまいとは、現在のお墓の権利を手放して別の墓所へと移すことです。自分が亡くなった後にお墓を守る人がいない場合は、自身のお墓は無縁墓になります。このため、生前にお墓を移して将来に備える方が増えています。

墓じまいにメリットとデメリットはある?

墓じまいをするメリットは、自分お墓が無縁墓になるのを防げる点です。墓じまいをして永代供養の墓地に改装すると、自分の亡くなった後も供養は墓所の管理者によって行われていきます。供養が絶えないことは、自身にもご先祖にも良い選択と言えるでしょう。しかし、先祖が眠っているところなので、勝手に墓じまいをするとトラブルになることもあります。墓じまいの方法は、親戚の同意を得るところから始まります。祭祀継承者を決め、話し合いをして相手の理解を得ることが大切です。

墓じまいの一連の流れ

墓じまいは改葬先の墓地を探し、墓地の管理者に墓じまいを申し入れます。墓じまいにも改葬にも書類がいるので、事前に相談をして必要なものを確認しておきましょう。くわえて、墓所は更地にして返却する必要があるため墓じまいではお墓の撤去もしなくてはいけません。墓所によっては、トラックや機器が使用できない場合もあります。複数の石材会社に見積もりを受けると、撤去費用の安いところが見つかるでしょう。

墓じまいしたお墓の改葬先を選ぶ方法

お墓を移す場所は永代供養の墓地や納骨堂、散骨を選択する方もいるようです。永代供養は一つのお墓に大勢の人と一緒に埋葬され、年間維持費が不要な場合が大半で費用は安くなります。納骨堂は遺骨を個別に管理するので維持費が必要になりますが、代々個別に埋葬されるタイプも選択可能です。この他、ご先祖の遺骨は永代供養墓地や納骨堂に埋葬して、自身は散骨してもらう方法も考えられます。

墓じまいの費用も場合により大きく変わります。改葬許可の申請手続き、閉眼供養のお布施料、お世話になったお寺に払う離檀料、お墓の撤去料、移転する墓地へのお布施など、細分化してプランを見直してみましょう。