指輪を買う人は必見!ダイヤモンドの価値は4Cで決まる

カットとクラリティを知っておこう

宝石店で売っている指輪にはダイヤモンドが付いているものもあります。商品によって値段が変動しているのですが、素材だけでなくダイヤモンドのクオリティも影響しているので知っておきましょう。4Cと呼ばれている品質を評価する国際基準があります。1つめのCはカットで、ポリッシュとシンメトリーそしてプロポーションにより値段が変動する仕様です。最高峰のものはトリプルエクセレントで一番販売価格が高く設定されています。世界のマーケットではベリーグッドやエクセレントが主流です。お店によってはトリプルエクセレントのダイヤモンドだけを扱っているところもあります。2つめのCはクラリティ(透明度)で傷がないFLクラスが最高峰です。内包物により11段階にランク分けされています。

カラットとカラーも重要

3つ目のCはカラットで、こちらはダイヤモンドの重量です。重いほど販売価格も高く、1カラットあたりは0.2gとなっています。最後のCはカラーで濁りのない無色透明なものほど価値は高まるのが基本です。しかし無色透明のダイヤモンドは非常に希少性が高く、なかなか入手できない代物となっています。等級はDが最高クラスでランクが下がるに連れて黄色みを帯びていき、全23段階分けられているのが特徴です。またダイヤモンドは紫外線を照射すると吸収して発光するものもあります。宝石店では発光性の検査を行っているところが多く、自然光で蛍光性が顕著があるものは採用していないです。以上の情報を理解してからダイヤモンドを買いましょう。

ダイヤモンドの買取は、宝石に詳しい専門業者に依頼するのがベストだと言えます。依頼する前にだいたいの買取価格の目安などを調べておけば安心です。複数の業者に査定の依頼をしてみるのもひとつの方法です。