アンテナ工事をする前に!種類と特徴を知っておこう!

オーソドックスなアンテナ

テレビを視聴するにはアンテナを取り付ける工事を行わなければなりません。その時に業者さんから「どのようなアンテナにしますか」と聞かれるケースがあるのです。実はアンテナには大きく分けて二種類あるため、もしもどちらかを選べるなら、それぞれの特徴などを覚えておくと便利です。

まず、「アンテナ」と言うと一般的には八木式アンテナを指している場合が多いです。これは鉄の棒を組み合わせて作られていて、家の屋根によく見られるアンテナです。比較的安価で購入できるというのがメリットです。ただし、常に雨風にさらされますし、鳥のフンなども付着しやすいです。劣化するのが早いので定期的にメンテナンスをして、場合によっては取り替えも検討しましょう。

おしゃれなアンテナが欲しいなら

最近ではデザインアンテナと呼ばれるものも選べらようになっています。薄い箱型をしていて、色も数種類あるため、家のデザインに合わせやすいなどの理由からこちらを好む人もいるのです。また、取り付けるための工事が簡単というのも、デザインアンテナにする利点です。

注意したいのは、八木式アンテナに比べると若干値段が高くなります。それから、必ずしもデザインアンテナが設置できるとは限らないという点です。八木式アンテナとは違って、その形状から壁や時には屋根裏に取り付けます。そのため屋根の上よりも電波の入り方が悪くなる恐れがあるので、周りの環境によっては、八木式アンテナを勧められることもあります。

アンテナ工事は、電波状況や家の形状、アンテナの種類によって費用が異なり、さらにはアンテナの設置は屋外だけでなく、屋内でも設置することが出来ます。